理想の瞳を手に入れる

老化現象

視線が気になる女性

老けて見られてしまう要因には、さまざまな要因があげられますが、その中でも大きな要因の一つに「目の下のたるみ」があげられます。目の下のたるみなど、顔のたるみとは、10代や20代にはほとんど見られません。しかし、40代、50代になってくると、だんだんとそれは現れるようになってきます。
それが年齢と共に現れるようになってくる理由には、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」の減少があげられます。もともと人間の体には、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する力があり、それが生成されることで肌のハリや潤いは自然に保たれているのですが、年齢を重ねると、その生成量が減少してしまうのです。10代や20代の若い頃に、何もしなくとも肌がプルプルに保てていたのは、これが理由となっています。しかし、その生成量は、20代も後半になってくると下降の一途をたどり、積極的に摂取しなくては、体内の生成量だけでは追いつかなくなってしまうのです。
それにより、胸やお尻など、さまざまな部分に「たるみ」が生じるようになりますが、特に目立つのが「目の下のたるみ」となります。目とは、第一印象を左右する場所でもあり、そこにたるみがあるだけで実年齢よりも老けて見られてしまい、損をした経験や恥ずかしい思いをした経験のある方も多いのではないでしょうか。
こうした目の下のたるみのことを、「目元の二大老化現象」と呼びます。もう一つとは、「目の下のクマ」があげられるのです。